子連れで美術館【ねんど開放日】in静岡県立美術館

静岡県立美術館ねんど開放日

まるちゃんママ

こんにちは。まるちゃんママです

静岡県立美術館は、私たち家族のお気に入りの美術館です。

鑑賞時、子どもを無料で託児できるサービスもあるのもうれしいですが、なんといっても子供の参加できるプログラムが多いんです!

今回はその中の一つの、ねんど開放日に参加したお話を紹介します。

ねんど開放日って?

たくさんの粘土で自由にあそぼう!

実技室には、1トンほどの水ねんど(油ねんどのようなにおいがありません)があり、少量でのものづくりとは違った感覚で,ねんど遊びを体験することができます。たくさんの柔らかいねんどを使って自由につくれます。

ねんど開放日

開催概要

1回目 10:00~11:30

2回目 11:15~12:20

3回目 13:45~15:20

※1日に3回行われます。どの回も9:30に整理券が配られます。2回目以降は朝に整理券をもらって、時間までどこかで時間をつぶす状況になります。

対象 3歳以上の方

定員 各回 80人

服装 汚れてもいい服

参加費 無料

※詳しくはHPをご覧ください

ねんど開放日レポート

我が家は、2回参加しました。2回ともとっても楽しかったです!!

朝イチで並んで整理券をゲット

1度目の参加は、9:30に並びましたが1回目の回の整理券は定員がいっぱいで取れず、2回目の回の整理券をもらいました。11:15まで近所のパン屋さんで時間をつぶしました。

2度目の参加は、リベンジで9:00に並び、1回目の回の整理券をゲット。9:30分の整理券配布まで、30分間並びました。レジャーシートを敷いて座って待っていました。

娘は、ほかの待っている子どもたちと鬼ごっこをしていました。(もちろん知らない子どもたちですが、すぐに仲良くなった)

1トンの粘土を使って制作

大きな粘土を足でつぶしたり、乗ってみたり、ダイナミックに遊べてあっという間の1時間でした。

ねんど開放日

ねんど開放日

時間が足りないくらい熱中!

途中で娘は飽きてしまうかと思ったけれど、周りの熱中ぶりに触発されて集中して作っていました。親も娘そっちのけで必死に作っていました。

娘はパトカー、パパは不思議な塔、私は、崩れかけた象を作ってみました。親は自分の制作に熱中してしまい、娘は仕方ないので、ほかの参加者さんやスタッフの方に作品を見せに行ってたくさんほめてもらっていました。

ねんど開放日

ねんど開放日

ねんど開放日

 

先生の作品がとにかくど迫力!

先生が一緒に作っているなんて、知らなくって出来上がった作品を見てそのクォリティーにびっくりしました。作品に乗って記念撮影でき、サービス満点です。

ねんど開放日

まとめ

2回とも親子ともども本当に楽しんで活動できました。1トンの粘土を使えるなんて家では絶対にできない体験です。

また、みんなで同じ空間で作る楽しみ、またなんといってもみんなで熱中して作る体験は、かけがえのないものです。

今年も都合をつけて参加する予定です。

遠方の方も、参加する価値あるプログラムですよ。ぜひ参加してみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です